Lifesaving Style 三井 結里花

~海と笑顔を結ぶ~
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2度目の三冠達成❗ | main | 日本代表合宿🇯🇵 for SANYO CUP >>

九十九里ライフセービングクラブとして…

0

    「大磯からでるの?」

    「九十九里のキャップなんだね」

     

    多くの方々にお声かけいただき、その場では、なかなかゆっくりお話ができなかったので、

     

    ブログで、少しだけ、私の想いを綴らせていただきます

     

     

     

     

    4月から、九十九里ライフセービングと>大磯ライフセービングクラブの>二重登録をさせていただいております。

     

     

    理由は、前職の教員の仕事を辞め、4月から株式会社peacefulで働かせていただくことになったからです。

     

    社長の福島さんは、大磯ライフセービングクラブの代表でもあり、 仕事上、大磯ライフセービングクラブのメンバーと多く関わるため、大磯へのクラブ登録が必須条件となりました。
    ただ、日本大学サーフライフセービングクラブ、九十九里ライフセービングクラブに、育ててもらい、

     

    先輩方に教えていただいたことを後輩たちに伝える役目もある中、九十九里のガードに入らずして、他の浜のガードに入ることに抵抗があり、この会社に入るかどうかすごく悩みました。

    ですが、ライフセービング活動における最大の目的は、1人でも多くの人にライフセービングに興味を持ってもらい、

     

    ライフセーバーにならなくても、「自分の身は自分で守れる」人を増やすことだと思っています


    そのために今の自分にできることは、競技で活躍し、メディア等に取り上げてもらったり、イベント等を開いていくことだと考えております。


    練習時間や、海外遠征等を考慮して働かせていただけるということで、最大の目的が達成しやすい環境下に自分を置くことを最優先し、今回このような決断をしました。

     

    今大会が今シーズン最後の九十九里ライフセービングクラブとして出場する大会でした

     

     

    選手宣誓もやらせていただき、いつも以上に想いがこもったホームビーチでの大会でした

     

    夏の監視活動は大磯でお世話になり、それ以降の大会は大磯ライフセービングクラブから出場させていただきます

     

    自分本意な考えで皆様には、混乱させてしまいご迷惑をおかけしました

     

     

    そして、この冬のシーズンこの決断をするまでに悩みに悩み、多くの葛藤がありました

     

    相談にのってくださった方々本当にありがとうございました

     

    そして、背中を押してくださったみなさまの想いを込めてこれから先日々、活動していきます

     

    そして、ご理解してくださった

     

    九十九里ライフセービングクラブ

     

    大磯ライフセービングのみなさまには

     

    本当に感謝の気持ちでいっぱいです

     

     

     

    ライフセーバー

    三井 結里花

    そのほか | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする